どうも、ラクして稼ぎたいFXトレーダーです!
専業トレーダーになると、誰しも一度はぶち当たるのが「信用度の低さ」だと思うんだよね。
所詮は浮き草稼業ですから・・・。
でも、解決する方法がないわけじゃない!
今回はFXの法人化について語っちゃうよ~!

会社経営者という肩書に惹かれた夜

営業マンをやってる僕の友人の話。
仕事としてはずっと営業畑一筋な彼だけど、自分でPC作ったりシステム構築したりとIT方面にめっぽう強い!
職場でも部署のネットワーク管理とか任されてるって言ってたな~。
本来は外注すべきものを友人がやってるから上司はご機嫌らしいが、その分に関して手当てが出るでもなく、完全なタダ働き状態らしくて。
何度か打診しても応じてくれないってんで、とうとう友人は仕事を辞めて会社を立ち上げた。
行動力あるな~!
IT関連の会社らしいんだけど、専門的過ぎて聞いてもわからなかった(笑)
趣味仲間に声かけて引き抜いて、事業として回せるくらいの規模にまでしたっていうからさすが、元・営業マン!
すごいよな~。
今じゃ立派な会社経営者ですよ。
そんな話を聞くとつい自分の立場と比較しちゃったりなんかして・・・。
一人酒が堪える夜ってやつですよ。

トレーダーでも会社経営者になれる?

会社経営なんてFXトレーダーには無縁な話かと思いきや、そうでもない。
実はトレーダーの間でFX会社の設立が密かな人気なんです。
俗にいう「FXの法人化」ってやつですな。
FXトレードって個人はもちろん、法人でもできるわけじゃない?
だったらそれを事業としてやっちゃおうってこと。
好きなことを仕事にできるって意味では、個人のトレーダーとも何ら変わりないよね~。
そればかりか会社経営者って肩書もついてくる(笑)
いや別に、友人に対抗心燃やしてるわけじゃないよ?
ただちょっとうらやましいな~って思っただけ。
ほら、FXトレーダーって世間では無職と同じ扱いされること多いからさ・・・。
頭ではわかっていても、結構切ないもんだよ?
でも、経営者ってなればちゃんとしてます感が出せるかな~なんて。
やっぱりそういう悩みを抱えてるトレーダーは多いみたいでね~。
僕の周りでは実際に法人化した人はまだいなんだけど、話はよく出る。

FXの法人化ってなに?

そもそもFXの法人化とはなにか、そこからいこうか。
法人化ってのは、ザックリ言うと会社事業としてトレード活動を行うってこと。
普通の会社が商品を販売して利益を出すのと同じように、トレードで利益を出すんです。
次の3つのチェック項目をクリアできれば、FXの法人化が向いてると言われてますよ~。

check1:安定してトレード利益を出せる
check2:FX以外にも事業をやっている
check3:税金関係の知識が豊富または勉強が苦にならない

どうでしょう?
この時点で僕は見事に脱落しますね(笑)
どれもクリアできそうにないもん。
そもそもね、安定して利益が出せるトレーダーなんて存在しないと思うんだよね~。
誰しも好調不調の波があるもんですよ(力説)
それを如何に小さく抑えるかってところが腕の見せ所というかね。
残りの2つの項目に関しても、「そんなことができてるならもう十分だろ!」って感情しか生まれない(笑)
だってもう会社経営者なんでしょ?
十分だと思うけど・・・。
まあでも僕みたいに当てはならない人も最後まで読んでね(笑)

名刺

FXで法人化するメリットとは?

FXでの法人化が人気なのはメリットが多いから。
じゃあどんなメリットがあるのかみていくよ~!

・損失繰越が3年から10年に延びる!
個人のトレーダーだとFXで出ちゃった損失は3年までしか繰り越せません。
その間にペイできなければ大きなダメージとなります。
ところが、法人化すると最大10年間繰越OKとなるんですよ!
しかも繰越分は課税対象外なので、手元に資金が残りやすい。
余裕のあるトレード生活ができるってことです。

・決算期を自由に決められる!
トレーダーは個人事業主なので会計期間は1月1日から12月31日まで、決算は12月末で固定されてます。
そして確定申告は3月15日までって決まってる。
ってことは、年末年始めっちゃ忙しいってこと!
ただでさえ忙しい時期なのに、帳簿付けとか泣いちゃう。
でも法人化すれば、会計期間も決算期も自由に決められるんです!

・他の事業と損益通算ができちゃう!
個人の場合、FXで得た利益は雑所得として扱います。
雑所得は一匹狼なので、他の所得とは一緒にできません。
しかしですよ、法人化すれば事業所得扱いになるんです!
事業所得なら他の事業で得た所得と損益通算が可能!
つまり課税所得が低くなるので、納税額を抑えることができるんですよ~。

・節税対策がバッチリできちゃう!
個人でも法人でも、FXトレードを生業にする場合、それに関する費用を経費として計上できます。
でもさ、個人でトレードしてる場合、そんなに経費って出ないんですよ。
なんせ身一つでできるのがFXの魅力なんですもん。
だけど法人化して事業としてトレードするなら、「法人活動に必要なもの」すべてが費用計上できちゃうんです!

・社会的信用度が爆上がりしちゃう!
僕的に一番のポイントがこれ(笑)
トレーダーもね、毎日一生懸命生きてるんですよ。
でも世間からの評価は無職と一緒です。
だって「トレーダー」って職業ないから。
これで困るのが諸々な審査ね。
クレジットカードやマンション契約、車のローンなんかの審査はほぼ落とされますな。
ところが会社経営者となればどうでしょう?
社会的信用度爆上がりですよ!
やったね!

FXで法人化するデメリットとは?

物事は表裏一体ですからね、もちろんありますよデメリット。
FXで法人化するデメリットもみておこうか。

・トレード利益は基本的にすべて会社資産!
事業としてトレードするわけだから、得た利益も全部会社の資産になります。
個人だと稼いだ分は全部自分のお金にできるよね。
「よーしじゃあ儲けた分で新しい家電買っちゃうぞ!」なんてこともできる。
「みんなでパーッと飲みに行くか!」なんてこともOK!
でも法人化すると自分が使えるお金は役員報酬のみ。
どんなに利益が出ていたとしてもね。
これにストレス感じちゃう人が結構多いみたいよ~。

・会社設立には手間もお金もかかる!
法人化するには会社を設立しないといけません。
それには各種手続きや登録税など、いろんな手間と結構なお金がかかるんですよ。
手続きでは法的な知識を必要とするものばかりなので、税理士や行政書士なんかとも連携が必要。
しかも、無事設立までこぎつけても日々の会計処理があるんです。
個人の確定申告に比べると項目も多いし複雑・・・。
自分でできなければ、人を雇うか外部へ委託する感じですね~。
どちらにしても維持費がかかることを頭に入れておかないと!

・「もうやーめたっ」とはいかない!
会社とは、廃業するにも手間とお金がかかるんですよ。
法律に則って会社を畳まないといけないので専門知識は必須!
また士業の方々のお世話になるわけです。
あとは関係者各位へのあいさつ回りとかもしないと。
会社経営者とは社会的責任のある立場なわけなので、そのあたりの不義理は絶対に許されませんよ!
法人化とは「飽きたらポイ」ができるほど軽いものじゃないんです。

 

FXトレードに慣れて安定してくると「法人化もアリかも」なんて思うよね。
僕も頭をよぎったことが何度もあります(笑)
でも結局やってない。
メリットいっぱいあるのにね~。
ちなみに、法人化の際は社名に「FX」って言葉を入れない方が社会的信用度アップできるって話!
ホント、世間はFXに厳しいな(笑)