どうも、ラクして稼ぎたいFXトレーダーです!
海外のFX業者ってどういうイメージ持ってる?
僕はコピートレードをするなら海外FX業者がいいと思うんだよね~。
どうしてなのか、その理由を語っちゃうよ!

海外製品は着眼点がちょっと違う

僕はどちらかというと機能性を重視するタイプなのでインテリアに対するこだわりとかは全然ないです。
だから部屋の中に統一感といったものはないですねぇ。
使えればそれでいいので、学生のころから使ってるものも普通にあります。
男ってそんなもんじゃない?
でも僕の彼女は違うんですよ・・・。
インテリアとか好きみたいで、おしゃれなのをコツコツ買い集めてるんです。
以前はよく連れられて店巡りとかしたけど、コロナが始まってからはネットが中心みたいです。
特に北欧系のシンプルでスッキリしたデザインだけどちょっと「ひねり」が効いてる、みたいなのが好きみたい。
確かに彼女が買ったものを見るのは僕も好き。
コンセプト自体がおもしろいってのも多いかな。
「そこを簡易化しちゃうんだ!?」みたいな。
生活を楽しんでるって感じのものが多くて、本当の豊かさについて考えさせられる。
日本製品は質がよくて~、なんてよく褒められるけど、海外製品は目のつけどころみたいなのが斬新。
日本人には新鮮な感じがして、だから人気なんだろうな~って思う。

最近はAroon prime trader(アルーン)が楽しい

僕も海外製品は結構好きなんですよ。
っていってもFXの話ですけど(笑)
海外FX業者はいろいろ言われますけど、僕の性格には合ってるみたいで、楽しくやってます。
最近のお気に入りは「Aroon prime trader(アルーン)」ですかね~。
Aroon prime trader(アルーン)はコピートレードができるんで、FX自動売買だけどちょっと違う楽しみ方ができちゃう。
どんなものなのか、軽くおさらいしておこうかな。

コピートレードは日本国内じゃほとんど取り扱ってない?

ミラートレードやソーシャルトレードなんて言われ方もするコピートレードだけど、実は日本国内じゃ片手で数えるくらいの業者しか取り扱ってないんだよね。
それにはちゃんと理由があります。
それは・・・申請と登録がメッチャ面倒だから!
国内でFX業者として名乗るには金融庁へ申請して、第一種金融商品取引業の認可を受ける必要があります。
でもコピートレードも提供したいってなったら、プラスして「投資助言・代理業」って認可も受けなきゃならないわけですよ。
コピートレードはトレードを通してユーザーに投資アドバイスをしてるって判断なんだそう。
まぁ確かに・・・。
これが本当に厄介らしく、長期間の審査や莫大な書類の提出、社内体制の徹底などなど超絶手間がかかる。
極めつけはユーザー一人ひとりと投資顧問契約を結ばないといけない。
メッチャ面倒くさいじゃん?
コストも考えたらや~めたってなるよね(笑)

海外FX業者はプラットフォームが豊富

クッソ面倒くさい日本と違って、海外ではコピートレード提供に関してほとんど規制がないんです。
だからコピートレードのプラットフォームが本当に豊富。
拠点が海外ってだけで、日本人ユーザーが利用しても問題ないし。
「コピートレードなんか提供してFX業者は利益が出せるのか?」って疑問に思う人もいるみたいだけど、そのためのスプレッドだから。
国内外問わず、FX業者ってのはスプレッドが主な収益なんですよ。
それに加えてコピートレードは、成功報酬としてコピー元にも還元されるからFX業者・コピー元・ユーザーの3者間でwinwin状態なわけ。
規制でガチガチな日本国内より、海外FX業者が提供するプラットフォームは今後も増え続けるだろうってのが僕の予測。

コピートレードをするメリットとは

「そもそもコピートレードの何が魅力なわけ?」って疑問に思った君に向けて、僕が実感してるメリットを紹介していくよ~。

・ストラテジーがメッチャ多い
コピートレードとは、登録されてるストラテジー(トレーダー)の中から好きなものをチョイスしてコピーしちゃうって仕組みなわけ。
どう考えても登録数は多い方がいいじゃない?
海外FX業者のストラテジーは世界各地にいます。
もちろん登録数は業者によって違うけど、僕の好きなAroon prime trader(アルーン)は300以上!
分母の大きさはそのまま利益率の高さにつながるんじゃないかな~?

・レバレッジがメッチャ大きい
FX業者における国内外での大きな違いがレバレッジです。
日本国内では規制によりレバレッジは最大25倍までって決められてるけど、海外では規制がないの。
だから100倍でも1000倍でもOK!
少ない資金で効率よく利益を出そうと思ったら、レバレッジは大きい方がいいよね~。
こういう自由度の高いトレードが楽しめるのも海外FX業者の魅力だと思う!

・相場の急変にもメッチャ強い
FX自動売買の弱点といえば、相場の急変だよね。
設定どおりのトレードしかできないから仕方ないんだけど。
でもコピートレードのストラテジーは、生身の人間がリアルタイムでトレードしてるから、相場が急変しても対応できちゃうわけ。
これって何気にスゴいことなんだよ!
自動売買システムと、裁量トレードのいいとこどりって感じかな~。

・学びがある
僕もそうだけど、コピートレードをする人ってのは「自分と違う考え方を持つ人のトレードを学びたい」って意識が強いんだよね。
裁量トレードをしてるとどうしても自分のクセが出ちゃって、限界を感じやすい。
手法を学ぼうにも、やっぱり最終的に自分のクセに引っ張られちゃうし(笑)
だからコピートレードで赤の他人の手法、それもちゃんと稼げてる人の手法を見て勉強するってのは有効なわけ。
これはFX初心者にとっても大きなメリットだと思うな~。

コピートレードをするデメリットとは

じゃあ、コピートレードのデメリットもみていこうか。
僕が思うコピートレードのデメリットはこれ!

・成功報酬が結構負担になる
コピートレードに登録されてるストラテジー、つまりコピー元になってるトレーダーは何で稼いでるかっていうと、成功報酬です。
「トレードによって得た利益のうち○%」みたいな感じで報酬が受け取れるんですね~。
あと業者によってはコピー回数なんかによって報酬がもらえたり、利率が上がったりするみたい。
どこから支払われるかっていうと、もちろんユーザーからです(笑)
コピートレードで得た利益から天引きされる形で支払われてます。
考えなしにコピーしまくっちゃうと成功報酬の支払いで赤字になるなんてこともあるから気を付けて!

・ストラテジー選びを間違うと利益が出ないことも
コピートレードで大事なのはストラテジー選びです。
よく吟味してチョイスしないと、思ったような利益が出ない場合もあるんですよ。
過去実績や分析結果なんかをよく見て、実力がありそうなストラテジーを選びましょう。
でもね、どんなにベテラントレーダーでも、実力トレーダーでも負ける時はある。
だから、一点集中しないで分散投資するのがコピートレードでも大事なんだ~。

コピートレードを選ぶポイントは?

僕が思うコピートレードのデメリットは

◎成功報酬が結構負担になる
◎ストラテジー選びを間違うと利益が出ないことも

この2つだったわけだけど、要はチョイスが肝心ってことなわけですよ。
選ぶポイントをしっかり押さえておけば、大体は上手くいくんじゃないかな~?
僕が思うポイントってのが次の2つ。

◎フォワードテストによる実績確認
◎ドローダウンがあんまり激しくない

まぁ当たり前っちゃ当たり前のことなんだけど(笑)
でもさ、何でも基礎が大事っていうじゃない?
損失が出るのは仕方ないとして、なるべく安定して利益出してるストラテジーを選ぶのがポイントだと思います!

 

コピートレードはメリット多いけど、日本国内じゃあんまり選択肢がないのが現状。
僕もAroon prime trader(アルーン)のユーザーだしね。
ちょっとでも興味あるなら海外FX業者って選択もアリだと思うよ!