どうも、ラクして稼ぎたいFXトレーダーです!
アメリカでは仕事を探すにも、部屋を借りるにも必ず提出しなきゃいけない社会保険番号ってのがあるよね。
最近日本でも同じような番号制度ができたんだよ~。
今日はFX口座開設について語ろうかと思う!

ジェネレーションギャップを感じた話

みんな知ってるだろうけど、FXトレードをしようと思ったらまず口座開設が必要だよね。
その時に必ずと言っていいほど提出を求められるのが、本人確認書類ってやつ。
これってFXに限らず何かに登録しようとしたり、利用しようとしたりする際は大体必要になってくる。
僕はそういう時、迷わず運転免許証を出すんだよね。
普段車なんか乗らないけど(笑)
もう僕の中では「運転免許証=身分証明書」って認識。
これ全国共通認識だと勝手に思ってたんだけど、どうやら違うらしい・・・。

・若い世代ほど保有率が下がる現実
運転免許の管轄って警察庁だって知ってた?
その警察庁が統計を取ってるっていうから、ちょっと調べてみたんだ~。
そしたらさ、年齢別の免許保有率ってのがまとめられてて、なんと、若い人ほど免許持ってないことがわかったんだよね。
最近は若者の車離れが進んでるって聞いてたけど、数字でこんなにハッキリわかるとは思わなかったな~。

・昔は大人への第一歩的存在だった
僕が初めて免許を取ったのは高校生の時。
友達や同級生もみんな教習所に通ってたから、学校に送迎バスが来ることもあったな~。
なんか、あのころは大人になるための準備って感じで、せっせと通った思い出。
でも、今の子ってそうじゃないみたいなんだよね。
なんでこんな話をし始めたのかと言うとですね、FXやりたいって子が運転免許を持ってなかったんですよ!
学校に教習所の送迎バス来たことないって!
若者の車離れの余波がここにも!
ジェネレーションギャップ!

運転免許証,本人確認,

FXで口座開設する時に必要なもの

・・・ちょっと取り乱しちゃったけど気を取り直して、FXで口座開設する時に必要なものについてレクチャーしていこうかなと思います。
「運転免許証持ってません」って人でももちろん、口座開設できるので安心してね!

・本人確認書類
まず、FX業者に登録するなら必ず必要です。
僕のようなオッサンはすぐ「免許だな!」なんて思っちゃいますが、どうやら世間ではそうでないらしく(笑)、FX業者でもかなり幅を持たせてますね。
一般的に本人確認書類として認められているものは、

◎運転免許証
◎各種健康保険証
◎各種福祉手帳
◎住民基本台帳カード
◎マイナンバーカード
◎パスポート
◎特別永住者証明書
◎在留カード
◎印鑑登録証明書
◎住民票の写し

このあたりでしょうかね。
運転免許がない場合は、保険証かマイナンバーカードがあれば大丈夫そう。
でもFX業者によっては、顔写真がないものは2種類提出しなきゃいけなかったりするので要注意。
そもそもなんで本人確認するのかって話だけど、それは、利益が何に使われるのか心配されてるから。
誰が何の目的でFX投資をするのかチェックするわけ。
犯罪に使われちゃったり、反社会勢力の資金になったりするのを防ぎたいんだよね~。
これ単にFX業者が心配性ってわけじゃなくて、ちゃんと「犯罪収益移転防止法」っていう法律で定められてるの。
だから面倒がらずにちゃんと用意しよう!
じゃないとあらぬ疑いをかけられちゃうよ~。

・マイナンバーがわかる書類
国内FX業者へ登録するならマイナンバーの提出は必須。
なんでかって言うと、マイナンバー制度に組み込まれてるから。
2016年にスタートしたマイナンバー制度だけど、支払調書への記載が義務化されたんだよね。
支払調書っていうのは「誰が、誰に、どんな内容で、年間いくら支払ったか」を税務署へ報告するための法定調書。
税務署は証券会社やFX業者から提出された支払調書と、トレーダーの確定申告内容を見比べてウソ偽りがないかチェックするワケ。
そんな支払調書にマイナンバーの記載が義務化されたから、口座開設の際に必要になったんだよね。
逆に言えば、マイナンバーの提出を求めてこない業者は無届の可能性があるよ。
マイナンバーがわかる書類は次の4つだよ~。

◎マイナンバーカード
◎マイナンバー通知カード
◎マイナンバー入り住民票の写し
◎マイナンバー入り住民票記載事項証明書

上の2つはコピーでOK!
迷うのが下の2つだよね。
「住民票の写し」と「住民票記載事項証明書」って何が違うのって思うでしょ?
実はこれ、全然違うんだよ~。
まず住民票の写しには何が記載されてるのか確認しよう。
名前、住所、性別、生年月日、現住所を定めた日、前住所の6つは絶対に記載されてる。
マイナンバーを記載させるかどうかは選択制なんだ~。
一方の住民票記載事項証明書は、住民票の項目の中から好きなものだけをチョイスして発行してくれるから、必要以上に個人情報を晒さなくて済むってワケ。
最近はプライバシーへの配慮が進んでるからね~。

FX口座開設の流れってどんな感じなの?

さて、必要書類の準備ができたら、いよいよ口座開設手続きに入るよ!
ここでは一般的な流れを説明するけど、業者によって若干の違いはあるだろうからそこはよく確認してね~。

・STEP1:申し込みフォームへの入力
FXサイト内にある申し込みフォームへ、住所や生年月日、現住所、勤務先などの個人情報を入力していくよ。
現段階での金融資産や、投資経験などの項目がある場合も多いから、見栄を張らずに正直に入力しよう。

・STEP2:必要書類を提出する
本人確認書類とマイナンバー書類をアップロードするかメールに添付して提出するよ。
郵送も受け付けてるところが多いけど、時間がかかるし主流じゃないかな。

・STEP3:審査開始
FX業者による審査がスタート。
だいたい1日くらいで終わるけど、もし落ちた場合は口座開設できません。
審査内容は明かされてないし、業者によって違うけど、申請内容と提出書類にウソ偽りがないか照合するのが主だっていわれてるね。

・STEP4:ログインIDとパスワードが届く
審査に通ったら、業者からログインIDとパスワードが記載された書類が自宅に届くよ!
ちゃんとログインできるか確認してね。
FX用の口座に入金を済ませれば、これで君も晴れてFXトレーダーだ!
やったね~!

FX口座開設でありがちな疑問

初めて口座開設する時って、いろいろ不安があるよね。
残念ながら僕はもう遠い昔の話になってしまったけど・・・(笑)
あのころの気持ちを思い出しながら進めよう。
まず、FX口座は複数持ってもいいのかって疑問。
これは業者が違えばOK!
一つの業者に複数の口座ってのはダメだけど、「○○FX」「FX▲▲」「為替■■」と、別々の業者に一つずつ開設するなら問題ナシ!
むしろ僕はどんどん開設した方がいいと思ってる。
理由は、情報収集先が増えるから。
FX業者って、ユーザーに向けてお得でためになる金融情報を発信してくれてるんだよね。
複数業者に口座があれば、その分、情報も多く入ってくるでしょ?
投資って情報量がモノを言う世界だからさ(笑)

Aroon自動売買の口座開設ってどんな感じ?

これまでは国内FX業者の話をしてきたけど、海外業者の場合はちょっと違うんだ。
僕もやってるAroonなんかだと、本人確認書類と現住所がわかる書類だけでいいのよ。
たとえば、運転免許証と発行から3ヵ月以内の公共料金の領収書があればOK!
ユーザー用のマイページからアップロードすれば、Aroonの方で確認してくれる。
とっても簡単でしょ?
Aroonの使い方については、今後もちょこちょこ書いていこうかと思ってるから期待してて!

 

身分証明書といえば免許なんて時代はもうとっくに過ぎ去っていたんだよね~。
今の時代はマイナンバーだよ。
失くさずにちゃんと持ってる?